お洒落な人の腕には必ずアレが着いている?!

安い時でも十分使える

腕時計にあこがれている人はたくさんの時計を持っていますので、時計の選び方や自分に似合う時計をある程度客観的でわかってる人が多いです。一方で、普段から時計をしない人が突然腕時計をしている人にあこがれて腕時計を欲しがることがありますが、一体どのような時計を身につけたらよいのか迷うかもしれません。最初は、安いものから購入してもよいでしょう。いきなり高いものを購入して、後で後悔するよりは、まずは1万円以下のものを購入してみましょう。
最近は100円ショップでも時計が売られています。ただしその品質はまちまちで、1年以上使えるものもあれば、数カ月で壊れてしまうものもあります。金額で考えれば1年以内に壊れても納得ができるでしょう。

少し高い時計を購入する場合

時計もピンからキリまでありますが、一般的なサラリーマンなどがつけている時計は1万円から10万円ぐらいまでのものが多いです。中には、時計好きの人で50万円ぐらいのものを身につけている人もいますが、ブランドものを身につけるのと同じような感覚でしょう。実用性よりも、自分が高いものを身につけることで自分の価値を上げようとしている面もあります。
基本的に、1万円以上する時計は電池を取りかえながら使えば10年でも20年でも長持ちします。長期的に使えば愛着もわいてくるでしょう。スーツを着る仕事をしているならば、シルバーの時計がよく似合います。それほど高級でないものでも、高級に見えてしまう不思議さがあるのがシルバーの時計です。一方、配達員などは黒系の時計が似合います。